「先笄」

「先笄」10号P 日本画 岩絵の具 箔 紙本
(祇をん 豆はな)
b0021594_20283376.jpg

[PR]
by masakuro1231 | 2014-11-20 20:29 | 日本画Japanesepainting | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://masakuro.exblog.jp/tb/23765802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2014-11-21 04:50
この方は直接は知らないのですが、好い雰囲気をお持ちの様な!
紅葉撮りを精力的に(笑) 出掛けていますが、
来週は何と五人の芸舞妓と8人の舞妓を撮らせて頂けます!
今からワクワク、ドキドキです(笑)
Commented by at 2014-11-21 06:07 x
画伯の絵には、芸舞妓さんの美しさは勿論ですが、背景に見惚れてしまいます。
正月の個展 絵の前を通過する時間が長くなりそうです。
Commented by walkingkyoto at 2014-11-21 18:55
これはこれは、豆はなちゃんじゃないですか。
ムチャクチャ懐かしいです。
何か憂いを感じさせられるポーズが素敵ですね!
益々、個展が楽しみになりますよ~

Commented by masakuro1231 at 2014-11-22 01:54
eiさま 豆はなさん別嬪さんでしたよ〜。会われてなかったんですか? 来週合計13人!ハーレム状態!マハラジャeiさん!イベントがあるのですか?
Commented by masakuro1231 at 2014-11-22 01:57
凧さま 緑(能舞台だとか松の屏風だとか)に着物の黒と赤が合うような気がして描きました。これも難しかったです。
Commented by masakuro1231 at 2014-11-22 02:10
walkingkyotoさま 2010年襟かえを「お散歩写真」で拝見した事を良く覚えています。そうそう。「憂い」ですよね。「憂い」が魅力的でした!
デッサンしてて哀しそうに見えたことがありました。
<< 「京都嶋原(葵太夫)」 「祇園小唄」「望月」 >>