「祇園小唄」「望月」

「祇園小唄」8号P日本画 岩絵の具 箔 紙本( 祇をん満菜葉)
b0021594_0501080.jpg

「望月」10号F 日本画 岩絵の具 箔 紙本(祇をん孝ひな)
b0021594_0434227.jpg

[PR]
by masakuro1231 | 2014-11-18 00:44 | 日本画Japanesepainting | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://masakuro.exblog.jp/tb/23752048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2014-11-18 04:22
この2作品の構図、とてもいいですね~
撮影の参考になります。ありがとうございます。
お正月の個展でも拝見できますでしょうか?
Commented by at 2014-11-18 05:03 x
白化粧が 背景と着物に 映えています。
見事です。 
個展 楽しみに 心待ちしています。
画伯
Commented by masakuro1231 at 2014-11-18 05:27
eiさま 私には、構図のいい写真を撮るのは難しいです。
一枚の写真でそのまま絵に出来ることはほとんどなくて、腕の角度を変えたり着物の袖のフォルムを変えたり悪戦苦闘しています。
正月の個展に展示します.12月31日からになるか、1月2日からになるかまだ決まってないのです。(当初は12,31からだったのですがちょっと変だということで、1,1は休みですし)ご覧いただけたらありがたいです!
Commented by masakuro1231 at 2014-11-18 05:35
凧さま 早起きなんですね。私は夜通し起きて、朱伽さんの絵を製作中でした!題名を「京都嶋原葵太夫」にしようと考えています。(「夕霧」かと想像してました。)
Commented by at 2014-11-18 12:29 x
老齢のため、早寝・早起き なんです。
朱伽さんから、漢字だと恐れ多いので 平仮名で 「ゆうぎり太夫」に決まったと聞いていたのですが、変更したのですね。
「笑」太夫 かと聞いたら、ゲラゲラ笑っていました。
当分、「わらい 太夫」と呼びます。
個展 楽しみにしています。
風邪などに 注意してください。
Commented by masakuro1231 at 2014-11-18 17:58
凧さま「笑太夫」いいですね!
何年か前、薄雲太夫を描いた絵(110号)の額の裏に 題名シールを貼ったんです。「薄」を間違えて「簿」と書いてしまいました。その絵はそのまま、「とあるホール」に展示されています(笑)
誰も気がつかないといいのですが,,(笑)
Commented by みりおじ at 2014-11-18 23:46 x
これまた素晴らしい作品ですね!

それにしても、ほんと、色んな舞妓さんを書いていらっしゃいますね。

今はお二人とも引かれてしまいましたが・・・

黒川さんの絵を並べると甲部の歴史になりますね。
Commented by masakuro1231 at 2014-11-19 01:00
みりおじさま ありがとうございます!これから10年くらい描いて甲部名妓図鑑を作れたら面白いですね。
Commented by walkingkyoto at 2014-11-20 00:11
お二人の舞妓はん、特徴を巧く捉えてはりますね。
やっぱり流石ですねぇ~ センスが映えます!
個展が益々楽しみになって来ました。^^;
Commented by masakuro1231 at 2014-11-20 07:18
walkingkyotoさま
似てますか?嬉しいな!walkingkyotoさんの 写真の中に満菜葉ちゃんの祇園小唄のこの場面を撮影した素晴らしい写真がありました.すごく印象に残っていて、同じ場面を何人かの舞妓さんにお願いして撮影したのですが、及びません!舞台でのシーンには覇気がありますね。
<< 「先笄」 ヌードデッサン >>